『きれい』にも、マインドフルネス。

 

私が10年ほど学び続けている武当式中国武術には、

太極拳や形意拳、八卦掌などがありますが、

そのベースには瞑想や気功があります。

 

なぜなら、たとえば太極拳をするときには

全身の動きに気を配って、ゆっくりとなめらかに動きますが

そのためには、長く、途切れない集中力が必要となり、

瞑想や気功を行うことで、その集中力を養えるからです。

 

瞑想でえられるものは集中力だけではありません。

私はエステティシャンとして肌のケアや

ヒプノセラピストとして心のケアをしていますが、

瞑想は肌と心の『きれい』に、とても効果的だと感じています。

肌や心の状態はストレスに密接に関係していて、

瞑想にはストレスを低減する効果があると科学的にも言われています。

 

瞑想というと、最近はマインドフルネスとセットで語られることが多いですね。

マインドフルネスの基本の瞑想は、鼻呼吸です。

鼻から息が出たり、入ったりするのを観察します。

たとえば、

 

空気が鼻の中に当たる感覚は?

空気は冷たい?温かい?

匂いは?などなど

 

そして、息を吸うときに鼻に意識を向けて、

吐くときに手放します。

ただただ、呼吸、『今』に意識を向けていきます。

そこで雑念さんが出てくるのは当然なので、

「ダメダ~・・・、集中できない~・・・」と焦る必要はありません。

その時に、雑念さんが出ていることに気がついて

雑念さんにやさしくサヨナラして、

また鼻呼吸に意識を戻していけばいいのです。

 

その他にも、いろいろな方法がありますが、

最近、お肌や心の調子がちょっとすぐれないなぁ・・・という方は

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サイトへログイン

PAGE TOP